メディプラスゲルの口コミとか効果以上に私が知ってほしいことを書き殴ってみる

ここの管理人について

・27歳。小学校2年生(長女)と3年生(長男)4歳(次男)がいる兼業主婦
・仕事は旦那の手伝いでイラスト描いたりしている
・お肌の曲がり角を感じる今日この頃。悩みだったのは小じわとたるみとかシミ。

わたしとメディプラスゲルの出会い

実はメディプラスゲルを使い始めたきっかけは私の旦那なんです。仕事でメディプラスゲルさんと付き合いがあったため、サンプルを旦那が持って帰ってきて使い始めたのがきっかけでした。(当時はまだティーエージェントという会社名だった)

 

元々私は化粧品に対しては強いこだわりがなくて、SK-〇とかオーガニックコスメとかそんなに高い化粧品を使っていることもなく薬局で売っている普通の化粧品をコロコロと変えていました。

 

しかし、ここ3年はずっとメディプラスゲルを使ってます。先に言っておくと私はメディプラスゲルのファンになっちゃったのでちょっと主観が入っちゃうかもしれないけど、それでもメディプラスゲルを使ってみたいなぁとか、買おうか迷ってるという方にどうしても伝えたいなぁと思ったことがあったので、旦那に無理言ってひとつホームページを作ってみようということになった次第です。

 

私がメディプラスゲルを好きになった理由

旦那がメディプラスゲルを持って帰ってこなかったら今も使ってないかも知れませんが、私は幸運なことにメディプラスさんのスタッフさんにお会いすることもできて、それがメディプラスゲルのファンになったきっかけでもあります。

 

旦那はたびたびメディプラスさんの会社に遊びに(仕事に?)行く機会があったみたいなのですが、私もその土産話を聞くたびに一度スタッフや社長さんに会ってみたいなぁという気持ちが強くなっていました。

 

そんな中たまたまメディプラスさんが出展してるイベントで直接会っていろんなお話しをする機会に恵まれました。とにかくスタッフの皆さんがすっごい元気で親切な方ばかりで、商品や会社に対する思いが強くて一日でファンになってしまいました。

 

今ではオールインワンゲルだけでなく、洗顔石鹸やbbクリームまでたくさんのメディプラスブランドに囲まれて生活しています。

 

ほとんどの方は、ネットでメディプラスゲルの広告を見て「これどうなんだろう?」というところから、試してみるか!ということで不安ながらも買ってみるという方ばかりだと思います。私は幸いにも商品を開発している通販窓口の向こう側にいるスタッフの人たちに直接会えたので、今メディプラスゲルが気になってる方や買おうか迷ってる方に「メディプラスさんなら大丈夫だよ!」と自信を持って言うことが出来ます。

 

とはいえ、化粧品って女性にとってはやっぱり肌に合う、合わないというのが必ずついてまわるもの。私にはベストでも合わない人やここがやだなぁって思う方がいて当たり前です。

 

でも、使ってみて合わなかったりやだなぁって思う部分があったらぜひともスタッフの方に伝えてあげて欲しいです。もちろん「ここがよかったよ!」というのはどんな些細なことでも言ってあげて欲しいです。大喜びだと思いますw

 

私は直接お会いしてお話しさせてもらったからわかるんですが、メディプラスさんは私たちのようなお客さんの声にしっかり真摯に向き合ってくれる会社だっていうのを確信を持って言えるし、それをどんどん伝えていきたいなって思ってます。

メディプラスゲルはどんな人に使われてる?

ここからは、メディプラスゲルがどんな人に使われていて、何歳ぐらいの方の為のオールインワンゲルなのかについて書いていこうと思います。
結果から言ってしまえばメディプラスゲルの愛用者は20代、30代、40代だけでなく、50代、60代あるいはそれ以上の年齢層の方にもファンがいて、幅広い年齢層の方に支持されています。

 

また全体の割合は少ないですが、男性のお客さんもいるんだとか。いるんだとかって他人行儀に書いてしまいましたがなにを隠そううちの旦那もメディプラスゲルをずっと使っててファンなんですwいつも風呂上りに顔に塗りたくっていますねw

 

話しがそれてしまいましたが、とは言えユーザーの年齢層にも中心層があります。

メディプラスゲルのユーザー中心層
・仕事や婚活、自己実現ストレスに悩む20代後半のキャリアウーマン層
・パートなど仕事をしながら家事や育児もやらなくてはいけない時間ストレスを抱えたママ層
・介護の悩みや更年期の悩み、居場所にストレスを抱えて自身の老化を感じ始める40代後半層

そして、メディプラスさんが考える「助けたい人」の「何とかしたい状況」というのもあります。メディプラスさんは「ONなオンナをオフにする」というのを会社の重要なビジョンとして掲げています。

 

例えば
・心身のストレスでお肌のバリア機能が弱って肌の変化を感じて悩んでいる35歳〜39歳
・子供を幼稚園や保育園に通わせないといけない忙しい主婦
・忙しいから自分の時間が取れなくて自分を大切にすることや時間が後回しになってしまう女性
こんな女性たちがメディプラスさんにとって役に立てたら嬉しい人、笑顔にしたい人として位置づけられていると言えます。

 

また、メディプラスゲルの愛用者にはバリバリのキャリアウーマンや経営者・女性役員にも多いんだとか。
ネットの口コミも見たりするけど、最終的には自分で調べ上げて納得して買いたい賢い女性層に選ばれているとも言えそうですね。

メディプラスゲルの開発ポリシーはストレスオフにある

メディプラスゲルが一貫して持ち続ける開発ポリシーに、「ストレスオフ処方」があります。ストレスオフ処方がどういうことなのかというと、メディプラスゲルは化学的ストレス・精神的ストレス・物理的ストレス・環境的ストレスの4大ストレスに着目してこれらのストレスをオフにする商品開発を目指すということです。

 

これはつまり、お肌のたるみやシミやシワに対する効果といったことのみに着目するのではなく、これら4大ストレスを排除する成分・処方・使い方がひいては元気な肌や免疫力の低下を防いでお肌の恒常性を保つ商品作りに繋がるという考え方です。

ストレスオフ処方の考え方
・化学的ストレス
なるべく植物性成分にこだわり科学的成分を排除する
・精神的ストレス
手ごろな価格設定で経済的ストレスをオフ。プッシュボトルで使いやすくめんどくさくない
・物理的ストレス
伸びの悪い化粧品ってストレスですよね。伸びが良く瑞々しくなって、お肌を摩擦する回数も少なくなる

私達コスメユーザーは、メディプラスゲルを使ったらしっかり保湿できるの?たるみ予防になるのかな?シミが薄くなるって本当?ととにかくメディプラスゲルを使ったらお肌にどんな変化と効果があるのかばかり気にしがちですが例えばこういう考え方もできますよね。

 

どんな良い化粧品を使っていても、育児や家事の過度なストレス・慢性的な睡眠不足・まともな食事もとれていない・ストレスがかさみヘビースモーカー・・・etc
私達の周りにはストレスが溢れていて、お肌への影響は計り知れません。メディプラスゲルは私たちにストレスをオフする時間やきっかけを夜寝る前のスキンケアみたいなほっと一息つく瞬間を与えてくれるツールと言えるかもしれませんね。

 

自分の時間や生活の中で「オフを作る」ことの大切さに気付かせてくれるのもメディプラスゲルの良いところであり、そんな思いが込められています。

メディプラスゲルの開発ストーリー

メディプラスゲルは、幼いころからアトピーや敏感肌に悩んでいた社長さんが開発されました。自身の肌に様々な成分を塗って赤みや痛みが出ないか一つづつ試してみて何度も試作を繰り返して開発されたそうです。

 

その中で私が印象に残っていた話は、今の女性は肌を擦る回数が多すぎる!という話でした。これは肌に触れる回数が増えることとイコールです。
なぜ肌に触れる回数にこだわったのかというと、敏感肌の方が肌のケアをするときにいろんな化粧品を何度も肌にこすりながら付けることによってかえって肌に刺激を与えているということがわかったからだそうです。肌に良い効果があるからといってたくさんの化粧品を使っていると逆に肌にダメージを与えてしまいます。

 

確かに振り返れば、朝の洗顔から始まり、化粧もしなきゃいけないし、化粧を直すこともあるし、家に帰ったら帰ったで、化粧を落としてまた顔を洗って、そっからライン使いでスキンケアなんてしてたらもう一日中顔をこすりまくってますよねw

 

でもメディプラスゲルならお肌のお手入れをこれ一本で済ませることができます。肌にダメージを与えずに1回塗るだけで「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」の4つの役割を果たしてくれます。