頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

頬のたるみの原因は肌の奥底の真皮のコラーゲンやセラミドが不足していることにあります。肌の支えであるコラーゲンやセラミドが不足していることにより肌の表面にまで影響を及ぼすんです。(バリア機能の低下、保湿機能の低下、古い角質や汚れのたまりetc.)
肌の元気が戻るだけで見た目年齢が10歳近く若く見られるというデータもあるほどです。傷ついた肌をしっかりとケアしてあげるだけで肌の元気は取り戻せます。頬のたるみの原因を根本から解決していきましょう!

頬のたるみに効果的な化粧品はこれで決まり!

ディセンシア アヤナス

頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

ディセンシアは敏感肌の研究を続けてきたブランドですが、難しいとされてきた敏感肌のエイジングケアをついに実現したのがディセンシア アヤナスです。
特許応用技術ヴァイタサイクルヴェールは肌の表面を覆うことで外部刺激から肌を守り、内部での修復時間を生み出します。
角層では高浸透保湿成分セラミドナノスフィアが肌の奥へヒト型セラミドを補給し、乱れて不足した配列を整えてくれます。
外からと中から両方でアプローチすることで、うるおいとハリを取り戻す理想的なエイジングケアが可能となるのです。

※アヤナスを始めとするディセンシアシリーズは、ポーラ・オルビスグループで開発されたエイジングケアコスメです。ディセンシアシリーズは公式通販専門店以外での販売はしておらず、薬局やデパートなどの店舗での販売をしておりません。詳しくは、アヤナスの店舗についてを参考にしてください

価格 送料 評価・備考
1,680円 送料無料

>アヤナスの詳細はこちら

アンプルール ラグジュアリー デ エイジ

頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

アンプルールは最先端の皮膚科学で化粧品を生み出しているドクターズコスメですが、新たにアンプルール ラグジュアリー・デ・エイジ シリーズという次世代型エイジングケアコスメが生み出されました。
注目したのはコラーゲン生産工場の土台となる母細胞で、そこに働きかけることで弱った肌の再生機能を根本からサポートします。
毛穴のゆるみなどを解消してハリ・弾力を取り戻すと、大人肌は印象を変えるほどの上向き肌に。
細胞レベルから肌を見直した新しいエイジングケアです。

価格 送料 評価・備考
2100円 送料無料

アンプルールの詳細はこちら

メディプラスゲル

頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

美容成分62種、出雲玉造温泉水配合のメディプラスゲルは、洗顔後の1本で4役をこなすオールインワンタイプの美容ゲルです。
モンドセレクション4年連続受賞という品質で、製薬会社との共同開発による確かな効果が人気を呼び、すでに200万本以上を売り上げている人気のエイジングケアコスメです。
肌への刺激を最小限に抑えることに注力し、化学成分を使わない作りで肌の乾燥を防ぎハリと弾力を取り戻します。
続けやすいリーズナブルな価格も高い人気を支えるポイントです。

価格 送料 評価・備考
3885円 送料無料

メディプラスゲルの詳細はこちら

オルビス エクセレントリッチ

頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

100%オイルカットという難しい課題をクリアしたオルビスのエイジングケアコスメが、オルビス エクセレントエンリッチです。
空気に触れると酸化してしまう油分に頼らず、大人肌が欲しい水分のみを確実に肌へ届けるプレミアムスキンケアで、40代からの肌ケアに必要な浸透型コラーゲンやエラスチンによる配合で肌に豊かなハリと弾力を生み出します。
ふっくらとした本物の美肌を取り戻す欲張りなコスメは、つけた翌朝、顔全体の透明感となって結果をもたらしてくれます。

価格 送料 評価・備考
2730円 送料無料

オルビス エクセレントリッチの詳細はこちら

ビーグレン エイジングケアトライアル

頬のたるみに効く化粧品はどれ?たるみを取る成分を徹底比較

贅沢な美容成分も、浸透しなければ無いも同然です。
ビーグレン エイジングケアトライアルキットは、ビーグレンが国際間特許を有する浸透テクノロジーで、確かな成分を確かに肌へ届けることで画期的な効果をもたらすシワ専用のエイジングケアコスメです。
トライアルでは7日間、美容成分でたっぷりスキンケアすることで、鏡を見たくなるシワ改善効果を発揮。
肌がアミノ酸バランスを取り戻し、本当にツヤのある若々しい美しさを取り戻す体験が出来ます。

価格 送料 評価・備考
1890円 送料無料

ビーグレンの詳細はこちら

たるみに効く化粧品の条件となる成分について

たくさんの保湿化粧品が溢れ、たるみに効果がありそうな成分をざっと考えただけでも、ヒアルロン酸、コラーゲン、コエンザイムQ10、プラセンタエキス・・・
などどんどん出てきてどれが良いのか迷ってしまいますよね。ここでは、たるみに本当に効く化粧品の条件と、そもそもなぜたるんでくるのかというお話しをまとめます。
なぜ頬はたるむのか
頬のたるみは、酷くなる前にまず予防が大前提です。たるみの大きな原因として挙げられるのは、お肌にあるコラーゲンなどの成分の減少というのは周知の事実ですが、
実は顔のむくみも大きく関係しています。顔がむくんで戻ってを繰り返すことにより、伸びた皮膚がたるむというメカニズムです。
また、筋肉が老化と共に萎んでしまうのも大きな原因です。そのぶん皮膚がたるむわけです。ですから、顔の筋肉を鍛えることも大変効果的で、むくみのケアをしっかりやってあげるというのも効果的です。
また、肌の乾燥や外部刺激も天敵です。これらによってできたシワはたるみの原因になりますから、お肌を乾燥や外部刺激から守ってあげることは鉄則です。

肌のバリア機能を保ちコラーゲン生成を促す成分

となると、単純に頬にヒアルロン酸やコラーゲンを塗り込んだところで、一時的には浸透するかもしれませんが、根本的な原因の解決になっていない事は明白です。
ですから、肌のバリア機能をしっかり維持するために、ヒト型セラミドが配合された化粧品、そして、コラーゲンの産生を助けるレチノール、ビタミンC誘導体、ナイアシンが配合された化粧品は、まさにたるみに効く化粧品と言えるでしょう。
セラミドだけでなく、コラーゲン自身も保湿機能を担いますので、肌が水分を貯め込める状態にするためには、セラミドでしっかりバリアして水分の蒸散を防ぎ、かつコラーゲンをきちんと産生できる成分をお肌に届けてあげる必要があります。ヒアルロン酸も保湿成分ですが、顔の表面に塗っただけでは一時的な効果しかないと言えそうです。
こちらのオールインワンゲルのHPでも言及されていますが、肌の保湿の為であればオールインワンゲルでも保湿クリームでもどちらでも良さそうです。
肌の保湿はもちろんシワやたるみ予防の基本であり、マメに保湿してあげることは重要ですが、やはり肌のたるみを何とかしたい!ということであればオールインワンゲルであろうが保湿クリームであろうが、ちゃんとたるみ改善効果のある成分が入っているのかは必ずチェックしたいところです。

乾燥肌はたるみの原因にもなるがコラーゲンやセラミド不足も深刻

乾燥肌で悩んでいる方はたくさんいると思います。乾燥する季節になると肌がかさかさして、タオルで擦った時などヒリヒリしてしまってどうにもならないですよね。保湿クリームを塗ってもなかなか乾燥肌が改善しないというあなた!乾燥肌の原因は保湿力の低下だけではないかもしれません。

 

乾燥肌の原因は皆さんもご存知のとおり肌の保湿力の低下が原因です。肌が乾燥している状態が続くとシワやたるみの原因にもなってしまいます。ですが、この保湿力の低下は単なる水分不足が原因ではないかもしれないのです。

 

肌のトラブルは生活習慣の乱れが原因ともといわれていますよね。実際に生活習慣を見直すことで乾燥はだが改善していくケースもあります。ですが、すでに乾燥肌でヒリヒリしている状態ならいつ改善されるかもわからない生活習慣の見直しよりも先にすぐに効果のあるスキンケアをしたいはずです。

 

乾燥している肌は保湿する力が失われています。その保湿力低下の原因は肌のコラーゲンやセラミドが不足して肌自体に元気がない状態の可能性があるんです。
肌の奥にある角質の細胞には通常コラーゲンやセラミドが豊富に含まれています。このコラーゲンとセラミドのおかげで肌全体が支えられ、元気な状態を保つことができるんです。ですがこのコラーゲンとセラミドが少なくなってしまうと、肌を支えることが困難になり肌ががたがたな状態になってしまいます。そうなると肌のバリア機能が低下して水分を肌に留めておくことができなくなったり、肌を支えることができずシワやたるみの原因に。さらには古い角質や汚れがたまってくすみの原因にもなります。また、肌が外部からの刺激を直に受ける為、ダメージを受けやすくなります。コラーゲンとセラミドが不足しているだけでこんなにも大きな影響が肌に出てしまうんです。

 

一般的な保湿クリームは、ただの表面を保湿する為のものとなっています。肌の奥底が原因なのに、表面だけカバーしても根本的な問題は解決しませんよね。乾燥はだがなかなか改善されない方は一度肌の置くまでしっかりと浸透し、ケアしてくれるスキンケアを試してみてください。

 

顔のたるみって凄く気になりますよね。人によっては見た目年齢が実年齢よりも10歳前後老けて見られることもあります。そんなたるみは加齢と共に目立つようになってくるものですが、実は今若い方も顔のたるみが目立つようになってきていることをご存知で?ここではそんなたるみの原因を紹介します。

 

たるみと一言に言ってもその原因にはさまざまなものがあります。加齢・生活習慣・姿勢・紫外線・乾燥etc.
そんなさまざまな原因がある中でやっぱり気になるのが肌自体に問題があるのではないかということ。たるみができてしまう肌にはいったい何が起きているのでしょうか。

 

たるみができてしまう肌にある問題は、肌自体に弾力性やハリがなくなってしまっているということ。肌の弾力に関係してくるのは、肌の奥にあるコラーゲン・ヒアルロン酸といった成分です。弾力のない肌は、こういった成分が不足し、肌の表面を支えることができなくなってしまうんです。肌の表面を支えることができなくなれば肌がたるんでくるのも納得できますよね。

 

このコラーゲンやヒアルロン酸が不足しているのだったら、補充してあげれば良いと思いますよね。その考えは半分正解です。不足している成分は補充してあげれば補うことができます。ですが、そういった成分の根本にある水分をしっかりと保ってあげなければ意味がありません。しっかりと肌を支えてくれる成分を働かせる為にはしっかりと潤った肌を保つことが重要になるんです。

 

ここまでで肌のどういったトラブルでたるみができてしまうのかは理解してもらえたかと思います。少なくなってしまった水分をしっかりと補充し、コラーゲンやヒアルロン酸といった肌を支える成分のものを補充してあげてください。
ですが、人の肌には自分でそういった成分を生成する力が備わっているんです。その自分の肌本来の力でたる身を解消するという手段もあります。それは、生活習慣の見直しです。コラーゲンやヒアルロン酸というような肌に必要な成分を生み出す際にはたくさんの栄養素が必要になったり、しっかりと睡眠をとって体を休ませて上げる必要もあります。

 

たるみ改善に効果的な方法は生活習慣を見直しつつ、不足している水分や成分を補うことが一番なんですね。

 

肌のたるみって何でできてしまうのでしょう。今までとなんら変わりない生活を送っていてもできてしまう肌のたるみ。ちゃんとケアをしていてもできてしまいますよね。肌のたるみは肌の保湿だけではとることができません。

 

肌のたるみの根本の原因は肌の奥にある真皮の中の成分が十分に満たされていないことにあります。真皮の中に含まれている成分は主にコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった成分です。この真皮の成分は、加齢や日ごろの悪い生活習慣などが不足してしまう原因です。歳をとると、コラーゲンやヒアルロン酸の生成がうまくできなくなり、その結果真皮が肌に十分なハリや弾力を生み出せなくなります。そういったことから、肌をしっかり支えることができず、たるみができてしまうんです。
生活習慣が原因の場合は、睡眠をしっかりとっていなかったり、コラーゲンやヒアルロン酸を生成するための栄養素がしっかりと摂取できていない可能性が大きいです。また、ケアをあまりしていないことから肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激を大きく受け、真皮の成分を傷つけてしまっている場合があります。

 

たるみを取り除く成分とは、真皮に含まれているコラーゲンやヒアルロン酸のことを言います。減少してしまったこれらの成分はなかなか元に戻ることはありません。むしろ、何もしなければどんどん現象・衰退の一途をたどることとなります。現在はスキンケア用品でこれらの成分を補充することが十分可能です。真皮がしっかりとしてくれば自然と肌にハリが出て、ふっくらと弾力のある肌をよみがえらせることができるんです。そうなると悩みの種のたるみもなくなっていきます。

 

肌をもともとの元気な状態にして、たるみとはさよならしたいですね。